こんにちは、まき助産院の助産師「酒井真紀」と申します。
産婦人科や小児科で、多くのママやお子さんに関わったあと、
桶谷式乳房管理法研修センターで学び、修行を積みながら稲沢市で助産院を開業いたしました。

出産後、すぐに始まる母乳育児。
うまく行って、軌道に乗ればとっても楽で幸せな時間ですが、
赤ちゃんを産んで退院してから、多くのママが悩むことのひとつでもあります。

まき助産院では、それぞれのご家庭にあった形での子育てを、
授乳の仕方を中心にサポートをいたします。実は私自身、ちょっと親バカな現役ママです。
現役ママの視点を生かしつつ、ご家庭での日常がいかに幸せで楽しいものになるか
ということに重きを置いて、サポートをさせていただきます。

また、大学院では育児と仕事の両立についての研究に取り組んでいます。
お仕事に戻る予定だが、母乳をどうしようかというご相談も、どうぞお気軽にお申し付けください。

経歴

  • 平成24年
    名古屋大学医学部保健学科看護学専攻卒業
    社会医療法人宏潤会大同病院 産婦人科・小児科病棟勤務
  • 平成27年
    一宮市立市民病院 産科病棟(地域周産期母子医療センター)勤務
  • 平成30年
    桶谷式乳房管理法研修センター修了
    名古屋大学大学院 医学系研究科 看護学専攻 博士前期課程入学
    とも母乳育児相談室にて研修
  • 助産師 保健師 看護師 桶谷式乳房管理士(認定番号677番)
  • BHC身体調和支援研修 基礎コース 修了
    • 令和元年6月
      稲沢市にまき助産院 開院